技術だけではない!光学分野のプロとして新亜光学工業株式会社が大切にしていること

先ずは新亜光学工業株式会社が人気のある理由を確認しましょう

特許取得により得られること

特許取得の条件は生活場面で役立つ製品であるのを発明する以外に、未だ開発していないものなど様々な条件があります。そのうえ、特許庁からの認可を受ける必要もあるため、それに見合うものでないと特許を得られません。また、時期によっては申請から認可まで1年以上かかる場合もあります。

しかし、新亜光学工業株式会社は特許取得ができる機会があれば積極的に申請をしています。1つのブランドが得られる以外に、他社が使いたいと申し出があれば、ライセンス料を得られます。特にメジャーな企業からの申し出なら、かなりの収益が見込めます。

特許により得られた利益は、社員の給与や技術を高めるための研究などに使用しているようです。それにより、様々な所で良い循環の形成に繋げています。

特許取得は自分の身を守れるブランド

特許の取得をするには、特許申請の費用が発生します。また、権利を保持するための維持費も掛かります。日本弁理士会の調査によれば、総額約60万円掛かるようです。

特許があれば他社から真似されるリスクが減るうえ、真似された場合でも差止や損害賠償請求を出せます。特に光学製品をはじめものづくりの分野は、アイデアを真似される可能性があります。足の引っ張り合いになってしまえば、光学分野におけるレベルの低下を引き起こしかねません。

新亜光学工業株式会社は、世界に技術を広めるための仕事を行う会社です。特許を取得することで自分の身を守れる以外に光学分野のレベルアップを図りやすくします。必要ならばライセンス以外の理由で同業他社との情報交換もしており、お互いにwin-winな関係構築をしています。


TOPへ戻る